フィリピン留学はいかがでしょう

小学校でも英語の授業が必修となり、幼稚園でも英語に触れる機会が増えている昨今、是非とも現地で英語を学びたい、もしくは学ばせたいという要望は高くなってきています。

英語圏で代表される留学先はアメリカやイギリス、カナダなどが挙げられます。

フィリピン留学の情報が豊富です。

いずれの国も教育体制が整っていますが、渡航費や生活費、そして授業料も高額です。金銭的な理由で本場の語学教育を受ける機会に恵まれないのはかわいそうな話です。


フィリピン留学はいかがでしょうか。

意外と知られていないのですが、英語を話す人口が多いのはアメリカ、イギリスに次いで第3位となっています。

また多くの企業が進出し発展を遂げた国の一つです。



留学斡旋会社も多くあり、出発前からサポートしてもらえます。


それでいて留学にかかる費用は欧米諸国への留学の費用の3分の2ほどです。
また日本からも比較的近いので渡航費も安く、行き来がしやすいです。フィリピンの物価は日本の3分の1以下で生活費も安く抑えられます。

お隣の国、韓国では日本よりも早くこの現象が起きており、多くの子供たちがフィリピンへ留学しています。

お父さんは自国で家族のために仕事を頑張り、母と子はフィリピンで暮らすというスタイルも少なくありません。

最近気になったgoo ニュース情報の失敗しない選び方を紹介します。

子供には英語力をはじめ国際感覚を身につけさせたいという親の願いをより現実的に叶えられるのはフィリピン留学です。

既存の観念を捨て、新たな選択肢フィリピン留学を考えてみてはいかがでしょうか。


Copyright (C) 2015 フィリピン留学はいかがでしょう All Rights Reserved.